3月 182014
 

PACKARD_BELL_T8025_01
珍しいPackard Bellのキーボードです。
何故かALPS青軸だけは多く持っていて、NEC PC-8801系も合わせて5枚もあります。部品取り用も合わせると十分な枚数と言えます。
なんでここまでALPS青軸が多くなったかは諸説ありますが、ただ単に珍しいキーボードを集めていたらそうなったとも言えます。

PACKARD_BELL_T8025_02
シールみたいに見えますが金属製です。独特の質感と冷たさがあります。

PACKARD_BELL_T8025_03PACKARD_BELL_T8025_04
Cherry MX Blueとは違い色の濃い青軸です。スペースバーは違うスイッチになってないかなーと思い外したらスタビライザが折れたので、たまたま転がっていたApple M3501から拝借。これでM3501が廃車確定になりましたね。
AXキーボードやPC-8801系でお馴染みの肉厚な二色成形です。

PACKARD_BELL_T8025_05
ステップです。手前が真っ平らになっています。

PACKARD_BELL_T8025_06
T8025
検索をするとT9201が出てきました。もしかしたらシリアルかも知れません。

PACKARD_BELL_T8025_07PACKARD_BELL_T8025_08
PACKARD_BELL_T8025_09
FD-12KC004B
TCI-A7S 94V-0
基板にアルプスの刻印が書かれていると純正の証です。残念ながら本機には書かれていませんでした。

PACKARD_BELL_T8025_10PACKARD_BELL_T8025_11
足です。独特の作りになっており、スプリングで軽く固定されます。パチンパチンと固定する足と違って耐久性が高くなっています。

PACKARD_BELL_T8025_12PACKARD_BELL_T8025_13
PEI TSUAN CO , LTD.
NO:C2154
P/N:0KC302C
DATE
MTR TAITA ABS
MTR 8540H
TYPE E50263S
78,12,16
金田
1972年にALPS正規軸は無かったし、昭和72年もありませんでした。キーボードに関係があるのか無いのかさっぱり分からないシールです。

PACKARD_BELL_T8025_14PACKARD_BELL_T8025_15
PACKARD_BELL_T8025_16PACKARD_BELL_T8025_17
ゼニス ZKB-2もそうでしたが、上側のフレームと本体がネジで固定されていました。

PACKARD_BELL_T8025_18PACKARD_BELL_T8025_19
PACKARD_BELL_T8025_20 カマキリです。ALPS青軸の白接点は珍しく、押荷重は60gになります。

総評…一部のキーが動かなかったので灰接点のALPS青軸と交換したのですが、どうやらALPS青軸白接点のほうがクリックバネによるクリック音が大きめになっています。
どこで勘違いしたのかTwitterでは1993年製造と書いていましたが、真っ赤な嘘です。ごめんなさい。
確かALPS青軸のほうがALPS白軸よりも打鍵音が五月蝿くないんでしたっけ。灰接点はそう感じましたが、本機は大して五月蠅さが変わらないなあと思いました。
下蓋が鉄板になっており、非常に剛性が高くなっています。ALPS白軸とどっちが好きかと言われたら…うーん私はALPS白軸と答えちゃいますね。


私が打ちました。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>