8月 022014
 

SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_01
サンワサプライと言えば日本で最後のALPS簡易を売っていたメーカーとして有名ですね。
今はCherry MXスイッチになってしまい、買う価値が無くなってしまった悲しいメーカーです。
ちゃたりたいねではサンワのキーボードをレビューする予定なんか微塵も無かったのですが、このキーボードの出品者曰くALPS製との情報があったのでレビューに至りました。
前回JIS配列のキーボードを使っていた繋がりで使用しています。

SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_02 SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_03
昔はパンタグラフが無かったから薄いキーボードは普通のロープロメンブレンだったんだよねーとか知ったかで言ってみたり。いつ頃からパンタグラフって出来たんでしょうか。
キートップは綺麗ですが中は結構汚いですね。常用する気がないので掃除してないけど許してヒヤシンス。

SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_04
ステップです。横から見ると富士通メンブレンを連想しますが、同じくカーブド構造になってるのです。ファンクションキーの段は独立しており、これだけ足を立てた状態で真上を向くようになっています。
キートップは緩いシリンドリカルになっています。

SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_05 SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_06
SANWA SUPPLY
Model : SKB-J109
S/N : 99T200528 TA
Made in CHINA
このロゴを見ながら画像URLを付けていたのですが、うっかりSANWA_SUPPLYYにしてしまいました。手間なので修正はしていない。

SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_07薄いくせにきちんと鉄板が入っています。コードにはフェライトコアも付いており、きちんとした作りになっています。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_0841AA*0149*
MI-3
1999年8月25日に製造されています。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_09紙フェノール基板です。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_10ALPS 56AAA 1752A
CMK-P3X
右上の部分にメンブレンシートを当てて通電するのですが、2層のうち1枚がメンブレンシートを折り曲げて通電させるタイプなので組み立てるのに苦労しました。
一度組み立てたときはEscキーを押したらXが入力され、Kを押したらQになると無茶苦茶です。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_12SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_11
1999年4月17日に製造されています。下側の筐体とは違い00年が用意されていません。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_14SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_13
1999年6月22日。何故か64の文字がありますが、昭和換算だと64年は1月しかないので謎です。
メンブレンシートが折れ曲がってるのは仕様です。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_18SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_17
鉄板と本体はとくに固定されておらず、爪をスライドさせると簡単に外れました。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_1954AAA0158B
ALPSのキーボードコードです。あまり知られていないので貴重な情報。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_20独立したラバードームになっています。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_21カーブド構造です。そう言えばテラドライブのALPS座屈ばね機構も同じくカーブド構造になっていましたね。
SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_22申し分程度のケーブル入れ。本当に申し分程度で、組み立てる時は何かのパーツを無くしたのかと錯覚したくらい微妙な隙間。

総評…引っかかり感が強く、真ん中を押さないと引っかかる例のアレです。
引っかかるわ押したつもりが押せてないわでもうダメ。押荷重は60gと重たいって程じゃないのですが、ストロークが浅いせいで余計に重く感じます。
アルプスはThinkPadでパンタグラフを提供していたので作れなくはないはず。普通のパンタグラフが欲しかったです。
私は普段からAの横をCtrlにして使って居るのですが、このキーボードは他の修飾キーを組み合わせた同時押しが出来ませんでした。本来CapsLockは同時押しをしないので、私みたいに入れ替えて使って居ると不都合が起きることがあるのです。


私が打ちました。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>