9月 162014
 

Cherry_G81-1000HBD-03 _01
Cherry G81シリーズです。G80は基本的にCherry MX、G81は基本的にCherry MYですが例外もあります。その例外が本機です。
例のごとくDeskthority wikiに登録されていないので名称に困るのですが、MY初期型と書いておきます。

Cherry_G81-1000HBD-03 _02 Cherry_G81-1000HBD-03 _03
Cherry_G81-1000HBD-03 _04 Cherry_G81-1000HBD-03 _05
見たことの無い黒色のスイッチが出てきました。スタビライザも独特の物が使われており、Cherry純正のそれとは違います。どうやらMYではこのタイプのスタビライザが使われている模様です。
二色成形のキートップはCherry純正でお馴染みのタイプです。

Cherry_G81-1000HBD-03 _06
逆光です。ステップです。
久しぶりにペン置きの窪みがありました。古いキーボードなので業務用として使われていたのでしょうか。

Cherry_G81-1000HBD-03 _07 Cherry_G81-1000HBD-03 _08
Cherry_G81-1000HBD-03 _09Article No.: G81-1000HBD/03
Sereal No.: 656B B15
Made in West Germany
DIPスイッチには大胆にAT⇔PCとだけ書かれており、PCってなんだよ!と突っ込みたくなる表記です。たぶんXTなのでしょう。
この頃のCherryにしては珍しくFCC IDの表記がありませんでした。調べようにもALPSと競っていた全盛期のCherryとなると数が多いので分からないだろうな…と思いました。

Cherry_G81-1000HBD-03 _38
FCC IDはGDD5YOG81-1000で1989年1月6日に認証されています。
見てみるとG80-1000が申請している中では最も古いCherry純正キーボードの様ですね。

Cherry_G81-1000HBD-03 _10 Cherry_G81-1000HBD-03 _11
Cherry_G81-1000HBD-03 _1206 April 1989
89 4 609-1446 Wz.2
1989年4月6日に製造されています。Cherry MYの概要を確認しに行ったら1987年に導入されており、画像は掲載されていませんでしたが黒色のタイプも確認されている様です。

Cherry_G81-1000HBD-03 _14 Cherry_G81-1000HBD-03 _13
74C00-1793 ISS. H, J, K
601-1483 ISS. 04

Cherry_G81-1000HBD-03 _16 Cherry_G81-1000HBD-03 _17
Cherry_G81-1000HBD-03 _15
89 2
25.Feb.1989
609-1484 WX.2
1989年2月25日に製造されています。

Cherry_G81-1000HBD-03 _18 Cherry_G81-1000HBD-03 _19
Cherry_G81-1000HBD-03 _20 Cherry_G81-1000HBD-03 _21
1190HAF/04
55
8000090101
601-1539
Cherry G81-1190HAF…と言うことでは無さそうです。8000から始まる数字を見るとSGI製のキーボードを思い出しますね。

Cherry_G81-1000HBD-03 _22 Cherry_G81-1000HBD-03 _23
キーボードユニットです。Cherry MYの系列なので鉄板に直接スイッチが固定されています。

Cherry_G81-1000HBD-03 _24 Cherry_G81-1000HBD-03 _25
722-0051
4552 B0B
Cherry MYはスイッチが手軽に分解出来るようになっているのですが、こちらは焼きリベットで固定されているので分解が出来ません。
焼きリベットを切断すれば外せるのですが、外してしまうと固定が出来なくなってしまいスイッチを無くしかねないのでそっとしておきます。

Cherry_G81-1000HBD-03 _36622-0313
画像を左右反転しています。

Cherry_G81-1000HBD-03 _26 Cherry_G81-1000HBD-03 _27
Cherry_G81-1000HBD-03 _28 Cherry_G81-1000HBD-03 _29
Cherry_G81-1000HBD-03 _30 Cherry_G81-1000HBD-03 _31
Cherry_G81-1000HBD-03 _32
スイッチのマウントはCherry MYと同じです。

総評…Cherry MYは数枚持っているのですがまともに使ったことが無いので打鍵感があまり覚えていません。重くて打ちにくい…とは記憶していますがそれ以外は覚えてないのです。私のレビューもまだですし。
焼きリベットで固定されていたのでスイッチの分解はしていませんが、MYと同じ構成だと思います。
Cherry MXのリニアは擦れ感があって好きになれなかったのですが、こちらは擦れ感が無くスムーズにストロークされます。接点が少し浅い気がします。反発力が高いので非常に打ちやすくなっています。
できればUS配列で使いたかったのですが、いかんせん未確認なので存在しているかは不明です。
押荷重は約65g、底打ちは約100gです。これを使うまではずっと45gのRealforceを使っていたので重く感じます。腱鞘炎気味の左腕が痛いです。


私が打ちました。

  2 Responses to “Cherry G81-1000HBD/03 MY初期型?”

  1. 拝見するところ、MY白とはスイッチ頭部形状がだいぶ違うようですね。
    私もここのところG81を使ってないのですが、これもあの「ぐにっ」とした押下感なのでしょうか。

    • パンミア

      感じとしてはALPS緑軸が近いです。重たくして接点を浅くして底打ちのタクタイル感を無くしたALSPリニア。
      反発が強いので次のキーに移動がしやすく、非常に打ちやすいです。

      Cherry MX系はどうして擦れ感が残ってしまったのでしょうか。それだけが非常に残念です。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>