6月 172013
 

YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_01
珍しく音楽の方のキーボードです。ジャンク扱いでしたが、正常に動作しました。
本体にスピーカーは内蔵されておらず、外部出力をする必要があります。
MIDI端子を備えており、入出力が可能です。多分。

YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_02YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_03
YAMAHA MODEL QX3 SER.NO. NX03xxx
MADE IN JAPAN
シリアルの末尾が削れており認識出来ませんでした。
PCB-GAME-ROOMによるとSER.NO. NXはオレンジ軸で、SER.NO IZ*****は白軸の模様です。
共に特質はリニアです。

YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_04YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_05
YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_06YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_07
流石はメーカー小売り価格165,900円(税込)だけのことはあります。
プロフェッショナルの最前線で信頼される専用機、QX3。入力のスムーズネスも絶妙のハイグレード・シーケンサー。の売り文句は伊達ではありません。
4枚目の基板以外は既に処分してしまい手元に残されていません。

YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_08
先ほども記述しましたが、本機はCherry製のスイッチが採用されており、透明感のあるオレンジ色をしています。
今現在は合併を解消していますが、ヒロセチェリーが日本にて製造したスイッチだと推測されます。

YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_09
純正の二色成形以上に綺麗な精製がされています。ALPS純正の二色成形に肩を並べられる丁寧さです。
二色成形どころか三色成形、四色成形まで使われており二色成形にシルク印刷を付け足したなんちゃってキートップとは格が違います。

YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_11
重りにて測定したところ、Cherry MX黒軸と同じく60gだと思われます。
完全に底打ちすると70gの重りが必要になりましたが、その辺に転がっていたCherry MX黒軸に重りを乗せたところ同じ挙動になったので60gで問題無いでしょう。スプリングはCherry MX黒軸の方が0.5mm短いですが許容範囲内でしょう。
ちゃたりたいねwikiでは間を取って65gと記述していましたが、60gに修正しておきました。

YAMAHA_QX3_Cherry_Orange_12
Cherry純正のキートップとの互換性が無く、Cherry オレンジ→Cherry MXには装着できましたが、Cherry MX→Cherry オレンジへの装着は出来ませんでした。
実際に比較するとCherry オレンジのほうが十字が小さくなっています。


私が打ちました。

  One Response to “YAMAHA QX3 シーケンサ Cherry オレンジ軸”

  1. Can you tell me where to get this item?

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>