11月 232015
 
FORIS FS2735発売記念!全国店頭キャラバン開催
(前略)
(中略)
高品質なキーボードで有名な東プレ様が”開発途中”の最新ゲーミングキーボードまで、最新のPCデバイスが”イチ早く”ご体験頂ける豪華イベントとなっております。
ttp://jp.gaming.eizo.com/news/wintershop2015/

東プレキーボードだと!?行くしかない!!

早速ツクモに来店。しかし大須アメ横ビルの1階から3階まで見て回るがそれらしき会場は見当たらない。
3階のPCパーツ売り場にあったキーボード置き場が見当たらないなあと思いながら周囲を散策すると店員に声をかけられる。
ビラだ。4階でEIZOモニタの展示があるとのこと。

4階!?なんだそれ!

階段に貼られた各階の説明書きには3階までが書かれており、4階なんて何処にもない。
そもそも4階に行く階段もエスカレーターも無いのだ。それを悟った店員に声をかけられ、1階の突き当たりに階段があると教えられる。たったそれだけの行動で4階を探していることに気づくとはこの店員、出来る。
私は足早に向かった。何故なら開演時間が差し迫っているからだ。
4階は会議室になっており、各部屋の個室で出来ていた。小さなイベントで使われることもあり、別の部屋ではプラモデルの講座をやっていた。

突き当たりに会場があり、係員が出迎えてくれた。中にはパイプ椅子が並べられ、冊子の入った袋が置かれている。
時間は時間だが、まだ始まる様子もないし何人かが読んでいたので広げて見ることにしよう。
なになに…EIZOの新作モニタ…ほう。
ペラッ、Realforceの新製品……新製品!?
しかも両面印刷で2枚もある!東プレキーボードの製品カタログなんて初めて見たよなにこれスゴい!!
横を見るとEIZOモニタに繋がれたRealforce…ふむ、黒色筐体に灰色のキーキャップはハイプロかな。横に3枚モニタが並べてある所にはフルカラーの輝き…Type Heavenだな。

そうこうしてるうちに説明が始まる。まばらな拍手。
それもそのはず、係員5人に対して観客も5人。閑古鳥なのだ。
5×5で配置された椅子がなんとも情けない雰囲気を醸し出している。
もしかしたら2部構成の午後に人が集まるのかも知れない。今は朝の11時半、いつもの私なら寝ている時間。

あれはパワーポインターだっけ…それを使ったモニタの説明が始まり、会議室でプレゼンテーションを聞いている気分だ。
私は東プレキーボードが見たいだけでEIZOのモニタが欲しいわけではない。そもそもゲームに特化しながら映像や画像、普段使いにも最適とか言われても既にEIZO CX240を持っているので必要が無い。
自社製の特性ICチップが使われていて出力信号をモニタ側が処理することで120MHzが云々とか言われても買う気が無いのだ。
30分もの宣伝が終わり、続いてジャンケン大会が始まった。この頃には人数も増え、最初に比べて倍もの人々が集まっていた。
メーカー提供の大型マウスパッド、普通のマウスパッド、3ボタン汎用型マウス。マグカップが景品として配られた。
私はマグカップを勝ち取り、唯一の非売品に嬉しく思う。

ここで予約をすると1割引とのこと。130kのモニタなだけにバカに出来ない金額だ。
プレゼンでは1枚1枚個別にチェックをしており、厳密な品質管理を行っていると説明していたがドット抜けについて触れなかったので保険の無い今予約をするのは半ば博打だ。昨日の説明では何人か予約したらしいが、真相は闇の中。

さて、早速触ってみよう。黒色筐体で灰色キーキャップのRealforceは通常の仕様で変荷重になっている。
墨色のそれと同じく昇華印刷だが、キーキャップが灰色なので視認性が高い。
係員からの説明が入り、5段階の圧を感知し、別々の動作を割り当てることが出来る…なるほど。便利そうな機能だけど全く使い道が分からない。
151123_eizo_to-pre_01 151123_eizo_to-pre_02
151123_eizo_to-pre_03

光り輝くキーボードType Heavenも触ってみよう。
虹色に光り輝くそれは非常に綺麗で、撮影したいくらいの逸品だ。カシャ
実はここだけの話、発売が遅れており来年11月になる…かも知れない…と告げられる。

以前HHKBに似たコンパクトなモデルを触ったことがあり、その時はRealforceと変わんねえなあと思ったものだ。
横から見るとType Heavenと同じステップスカルプチャーになっており、相も変わらず足が隠れている。 触り心地は…カチャカチャ。

カチャカチャ。

……。

オモチャみt…いやいや、天下の東プレ様がそんなことあるはずが無い。
何かの間違いだ。

カチャカチャ。

これはあれだ、メリハリのあるタクタイル感でSK-5400やKB-3920を打ちやすくした感じだ。
Realforceとは全くの別物だが、カチャカチャした遊びがを好む人も居るだろう。今もFILCO ZEROや剣や翼が好きだと言う声は耳にする。

撮影許可を頂いたので何枚か残しておこう。どうせ買わn(ry

Type Heavenのイルミネーションが原因でピントが合わねえ。何枚か撮ればどれかが合うだろう。

全部ボケてた。
151123_eizo_to-pre_04 151123_eizo_to-pre_05
151123_eizo_to-pre_08 151123_eizo_to-pre_09
151123_eizo_to-pre_06 151123_eizo_to-pre_07

さて、帰路についたことだし貰ってきた袋を開けるとしよう。
中にはEIZOと東プレのカタログ、EIZOのステッカー、EIZOのボールペン、Realforceロゴのスマホスタンド。ふむ、使い道があるだけに悪くは無い。
151123_eizo_to-pre_10 151123_eizo_to-pre_11
151123_eizo_to-pre_12 151123_eizo_to-pre_13
151123_eizo_to-pre_14

続いて東プレの製品カタログ。あいにくスキャナーを持ち合わせていないので画質は簡便して欲しい。北の国でもキャラバンイベントは開催されるので、きっと彼が綺麗にスキャンしてくれるだろう。
カタログにはRealforce 91UG-S NG310S、Realforce 108P-S SI0100、TYPE HEAVEN RGB、Realforce アナログ入力キーボードの4枚が書かれている。
151123_eizo_to-pre_15 151123_eizo_to-pre_16
151123_eizo_to-pre_17 151123_eizo_to-pre_18

最後になるがジャンケン大会で勝ち取ったマグカップ。EIZOロゴが印刷されており、これを喜ぶ酔狂なファンが居るかはさておき大事にしまっておこう。
151123_eizo_to-pre_19 151123_eizo_to-pre_20

総評…この手の催し物は初参加で個人的には一角のブースのような物を想像しており、製品サンプルが並んでいて自由に触れる形を想像していた。確かに漫画の巻末に描かれたイベントレポではパイプ椅子に腰掛ける観客と、司会進行が前で喋っている光景があることを思い出した。
過程がどうあれ満足できたかが問題だ。発売前のキーボードは体験できたし、更には初めて見る製品カタログまで貰ってしまった。もう嬉しいという簡単な言葉では表せない。
愛知県でのイベントは終わってしまったが、キャラバン隊は新たな都市へと歩みを進めている。これを読んだ君の街に訪れるのかも知れない。興味を持ったのなら行ってみる価値はあるだろう。

  7 Responses to “EIZOキャラバン!東プレ未発売キーボーを触ってきたよ!!”

  1. なんと!連休中のイベントだったのですね…..休日返上仕事で発狂寸前「大須行きてぇ-!」と思いながら果たせなかった私でした。残念。
    ハイプロの5段階圧感知はゲーマー用ということでしょうか。ゲーム無縁の私にもよく判りません。

  2. […] 続きはソース元で ttp://kbd.rzw.jp/column/151122_eizo-caravan/ […]

  3. […] 続きはソース元で ttp://kbd.rzw.jp/column/151122_eizo-caravan/ […]

  4. […] 続きはソース元で ttp://kbd.rzw.jp/column/151122_eizo-caravan/ […]

  5. […] 続きはソース元で ttp://kbd.rzw.jp/column/151122_eizo-caravan/ […]

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>