11月 102013
 

CTCSP_CI-TKJ_USB_01
正しい製品名は「シーティーシ・エスピー SUN対応トラックボール内蔵ショートタイプキーボード(JIS配列) CI-TKJ/USB」となっており、Sun専用機でも使用可能なキーボードとなっています。
しかしUSB接続なのでType6以降でしか使えません。専用端子の頃のSunでは使えないので購入するときは注意しましょう。(※ただし小売り価格48,930円)

CTCSP_CI-TKJ_USB_02
メーカーページにありがちな斜めからの撮影。変態配列でこれをやられると、奥の配列が分かりにくくなるので嫌いです。

CTCSP_CI-TKJ_USB_03CTCSP_CI-TKJ_USB_04
CTCSP_CI-TKJ_USB_05CTCSP_CI-TKJ_USB_06
構造はギアリンク・メンブレンになっており、端を押しても問題の無い構造になっています。富士通が出している親指シフトのThumb Touchと同じ構造です。
分解する時は白色の樹脂を無くさないように気をつけましょう。

CTCSP_CI-TKJ_USB_07
富士通特有のレーザー印刷です。発売開始が2005年03月01日なので、この頃は既に昇華印刷から撤退しています。

CTCSP_CI-TKJ_USB_08CTCSP_CI-TKJ_USB_09
トラックボールの付いたコンパクトキーボードと言えばELECOM TK-FBP037 Bluetoooth キーボードのように上側に付いているのですが、本機は右側に付いています。
ローラーが回っているような感じがします。

CTCSP_CI-TKJ_USB_12
キートップは全て同じ物が使われており、非常になだらかな斜体となっています。初心者用スキーコースよりも平坦です。

CTCSP_CI-TKJ_USB_10CTCSP_CI-TKJ_USB_11
MODEL CI-TKJ/USB
PART NO. N860-7412-T051
SER,NO. UX 000644
MADE IN JAPAN
この型名で察しが付いた人も多いかと思います。そうです、富士通製です。
CTCSP_CI-TKJ_USB_13CTCSP_CI-TKJ_USB_14
CTCSP_CI-TKJ_USB_15
N860-7412-X101
05 9 1 0
2005年09月10日に作られています。少なくとも再生産はしているので、一定の需要はあるのでしょう。

CTCSP_CI-TKJ_USB_16CTCSP_CI-TKJ_USB_17
分解する時は下のネジを外した後、左右の爪を外してから開けましょう。
間違っても上側の爪を外そうとは思ってはいけません。頑張ったけど傷が付いただけです。

CTCSP_CI-TKJ_USB_18CTCSP_CI-TKJ_USB_19
CTCSP_CI-TKJ_USB_20CTCSP_CI-TKJ_USB_21
CTCSP_CI-TKJ_USB_22
TAMAGAWA SEIKI CO.,LTD.
スイッチ基板
N86D-7412-R101/01 BUHIN
Jamagawa TRACK BALL
TYPE TA4721 8020
S.N A60647
WT 0.1kg DATE 05.10
TAMAGAWA SEIKI CO.,LTD. MADE IN JAPAN
なんとステンレスベラリングローラーが使われています。通りでEM5のカーソル速度のまま使えた訳です。
日本製のトラックボールとはまた珍しい。私が持っているトラックボールコレクションですらUSA製が良いところです。東プレ製のトラックボール一体型キーボードも日本製かもですが、見たことが無いので分かりません。

CTCSP_CI-TKJ_USB_23
そこそこ厚みのある鉄板が使われており、Cherry純正キーボードと同じくらいの重さがあります。

CTCSP_CI-TKJ_USB_24CTCSP_CI-TKJ_USB_25
CTCSP_CI-TKJ_USB_26
05 10 1
N860D-7412-R101/01 BUHIN
KBメイン基板
2005年10月10日前後に製造されています。それだけ。

総評…パンタグラフギアリンク・メンブレンの本機ですが、端を押しても傾くことが無く綺麗にストロークされます。
エンターキーなど他のキーも押しやすく、流石は定価4万円超えのキーボードだと感心させられます。
タクタイル感の強いストロークに鉄板の安定感。CZ-900やギアドライブより打ちやすいですね。
トラックボールはコンパクトながらもステンレスベラリングローラーのエンコーダーを採用しており、特有のゴロゴロ感が味わえます。残念ながらクリックはタクトスイッチになっていますが、どの位置をクリックしても問題無く押すことが出来ます。SBTも見習って貰いたいものです。
コストカットを考慮せずボクの考えた最強のコンパクトキーボードを作った感じです。流石に高すぎるのでオススメは出来ませんが、これが1万円まで下りてきたら買いですね。
今だと無線以外はお断りの人も多いでしょうが、本機は「19インチラックの1Uに収納可能なキーボード」として作られているので無線は論外なのです。
不景気で安いキーボードしか売れないのは辛いな、サム。


私が打ちました。

  3 Responses to “シーティーシ・エスピー CI-TKJ/USB ギアリンク・メンブレン”

  1. ミネベアメンブレンはもう手には入らないのでしょうか・・・?

    • パンミア

      生産が終了しているのでヤフーオークションやeBayでデッドストックを探す必要があります。
      残念ながらインターネット上の通販サイトで購入することは出来ません。
      ヤフオクではV101やRT6652TWJPが5千円前後、新品でも1万円を超えることは無いと思います。
      これ以上数が増えることはあり得ないので、手に入る内に買っておくことをお勧めします。オークションサイトにすら出なくなったら高騰の兆しなので。

  2. 手に入れました。¥3500でした。打ちやすいですね。
    STOPをESCと打ち誤るのでレジストリ入れ替えてSTOPでもESCの動作をさせようと思ったのですが、Windows上ではSTOPキーをキャプチャできないようですね。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>