2月 232013
 

PFU_PD-KB01_01
コンパクトキーボードの代名詞とも言われるPFUのハッピーハッキングキーボードことHHKBです。
本機はその歴史あるキーボードの初代モデルです。後継機はケーブルが長めになっており、収納出来ない作りになっています。この短く筐体に収納できるケーブルは初代のみです。

PFU_PD-KB01_02PFU_PD-KB01_03
右下のFnキーを同時押しすることで手前に書かれた刻印になります。ファンクションキーはなんとかなるのですが、カーソルキーと機能キー周りのFn同時押しはここ数日使い続けても馴染めませんでした。
Shift+Fn+K(Home)等の3キー同時押しが面倒ですね。良く独立カーソルキーが欲しいと言う声を聞くのですが、その理由がよく分かります。

PFU_PD-KB01_04
PFU_PD-KB01_05PFU_PD-KB01_06
MODEL. PD-KB01 PN:PA01950-0060
PART NO. N860-8577-T001 04B
SER. NO. AD 02621 DATE 97-07
PFU Limited MADE IN JAPAN
1997年7月製造…意外と古いのですね。この手のキーボードを購入するユーザーにWindowsキーだのアプリキーだのと言った物は邪道でしかないので付ける気すらありません。
いえ両方とも同時押しで使用が出来るのですが、元々使う機会の無いキーなので無縁の代物です。
ケーブルは非常に短く、MITSUMIよろしく完全に収納することが出来ます。延長コードが付属するので問題の無い作りになっています。

PFU_PD-KB01_07
ステップです。最近はパンタグラフだのアイソレーションキーだのを使って居たのですが、やはりこのシリンドリカルステップスカルプチャーは打ちやすくて良いですね。

PFU_PD-KB01_08
非常に引っかかったのでキートップを外して見たら全てのスタビライザが外されていました。
スペースバーを外したらバネが1個出てきたのですが、これが元々どちら側に付いていたのか定かではありません。
いかんせん調べても分解画像が無かったので分からないのです。

PFU_PD-KB01_09
キートップはレーザー印刷で中にはラバードームが入っています。

PFU_PD-KB01_10
何故か未開封の付属品です。未開封だったので開封していません。
PS/2接続用のケーブルとSUN用の独自ケーブルが入って居ます。
家中見たのですがPS/2のメス→オスのケーブルが無かったのでUSBキーボードコンバータ→フェライトコア練り込みUSB延長ケーブルに繋いで接続しています。

先の画像で立て掛けていますが、その位置に爪があると思います。マイナスペンチで必死に外そうと試みたのですが分解出来ませんでした。
ネジも無い、爪も見つからないときたら積みです。誰か持っている人で分解が出来ましたら画像送って下さい。

富士通の子会社であるPFUなので当然ながら富士通コンポーネント製となっており、初めて持ったときは鉄板の重量に驚かされてしまいました。独立カーソルキーの付いたモデルがぷらっとホームから出ているので、もし気になった方はオークションなどで探してみて下さい。
鉄板が入っており、打鍵感はFMV-KB321を少し良くした感じ。良くも悪くも富士通メンブレン。個人的にミネベアよりも富士通の方が好きです。最もミネベアのコンパクト機体は出ていませんが。
洗練された…かも知れないレイアウトは非常に美しく、無駄の無い作りになっています。
でも同時押しが多すぎて使いにくいですこれ。正規配列からテンキーのみを取っ払った配列が一番ですね。
本機はUSBで繋いでいるのですが、「無変換」と「前変換」の2つのキーがスペースバーの両側に付いているのです。♢の刻印が書かれたキーね。これ刻印がASCII配列だから101keyのドライバを入れているのですが、それだとこの変換キーが押せないんです。
PS/2で直接繋げば解決するのでしょうか。よく分かりません。

2013/02/24追記。さんざんコンパクトなキーボードを使ったので、久々にIBM Model M 1390131(通称角ロゴ)を使って居たのですが流石というか何というか。
HTMLしか打ったことが無いので分かりませんが、使用頻度の少ないキーなのに何故か1キー半の大きさになってるバックスラッシュの位置にBakSpaceがある意味を改めて知らされました。
確かに指移動が減り、自然と快適に操作することが出来ます。
そしてCtrl⇔CapsLockの入れ替えです。指移動が少なくなって便利とは聞いていましたが、改めて左したのCtrlを同時押しすると実感できます。遠いと。
これがポジションを崩さずにコピペ出来ると思うと感動すら覚えます。
コンパクトだけあってマウス移動がし易いのも大きなメリットです。私はGUIでOSを動かしているので、どうしてもマウスへ手を動かさないといけないんです。それが近い近い。フル配列だと遙か彼方にマウスがあるのに対して、HHKBは目と鼻の先にマウスがあります。これは便利です。
流石は富士通系列の会社だと思い知らされます。これだけを使っていたらこの拘りに気づけないと思うとゾッとします。キーボードに拘りを持ったメーカーによる自信作だけはあります。
でもぶっちゃけCtrl⇔CapsLockを入れ替えてバックスラッシュとBakSpaceも入れ替えた正規配列のテンキーレスのほうが打ちやすい。


私が打ちました。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>