12月 022012
 

Rapoo_V7_01
珍しく通販で購入出来るキーボードです。現行モデルに魅力を感じられない私に取って新品というのは非常に新鮮で大好きです。
なにより全キーが正常に動作することは精神衛生上良いことなのです。中古とかジャンクに近いですし。
いつもはレビューをするキーボードを使って書いているのですが、訳あってSMK十字白軸を使って居ます。


押下圧50g、Windowsキーが無効に出来る、音量の上げ下げやミュートに出来る…と言うことは分かりました。


透明のビニールに入っています。中国製だからか、プラケースのカバーは付いてきませんでした。別に要らないのだけど、仕舞うときに被せるだけで済むのです。
上のは付属品で、中国語の説明書とドライバCDが付属します。キーのカスタマイズが行えます。


何故か金メッキ加工のされたUSB端子。フェライトコアも付いていますし、ゲーマー向けなんでしょうか。
右上の2キーはLEDが内蔵されており、赤く光ります。これだけはインサート成形です。テッカテカしてる。
上にLED窓があり、こちらも赤色LEDが採用されています。3倍速く打てないので光らせてもダメですよ。


撮影しまくっていたら40枚近くの画像になったので統合しまくっています。
シリアルが157なので売れていないのか、はたまた中国の通販サイトの在庫だったのかは分かりません。


完全に真横じゃない画像です。ステップは普通で、Cherry系に多い手前の高い構造になっています。
リストレストを置いたらちょうど良い高さになるので構わないのですが、枠がぎりぎりなので少し離して置かないと打ちにくいのです。この距離ならポジションを崩さずにファンクションキーが押せますね。


隠しネジ一覧。ZALMAN ZM-K500と位置が違います。


2011年4月3日…そんなに昔のキーボードだったの?これ輸入したの半年くらい昔なんですけど。


うぐ…思わず叫んでしまいました。これは怖い。なんせ上の基板が固定されていないのです。


前にレビューをしたZALMAN ZM-K500 Kailh赤軸よりはマシですが、お世辞にも綺麗とは言えないですね。


PG1511黄軸です。PG1511 Yellow Slider.
上側がLED窓です。なのでロゴの真下に接点が来ます。本物Cherryと同じですね。


更新が遅くなる原因がこれです。切り取って、リサイズして、デッドスペースの無いように配置したり…その辺、ALPS軸やCherry軸は良いですね。わざわざ私が分解画像を載せる必要ないですし。


どの部分がどのキーになるのか一目瞭然です。
軸を入れると見えなくなるので、基板の裏側に書いた方が良いと思ったのはナイショダヨ。


P/N:03X02
Rev:˙
CAV: 2


コストをかけてるようで、実は磁石が少ないのですぐに落ちてしまう無駄コストです。
ネジ1個1個に磁石を入れるのならドライバーに磁石を入れた方が効率良いのにね。

機体を戻してLED周りを撮影しようと…あれ…ん?
動かない。なんのキーも動かない。もしかして基板が綺麗にピンとくっついてないのかと試したのですが…ダメ。

良く見るとコネクタが断線していました。ケーブルを交換すれば良いのですが、ZALMAN ZM-K500 Kailh赤軸のケーブルと交換をして使うのならZALMAN ZM-K500を使いたいのですよ。
と言う訳で箱に戻してお終いです。

総評…うーん、Windowsキーを無効に出来るのはありがたいのですが、それななら初めから存在しない方がありがたいのです。 リニアはこれまで好きになれなかったのですが、この若干の擦れ感を残したリニアは良いですね。何故か気に入ってしまいました。 リストレストを設置したときに機体の枠が微妙に大きいのが功を奏して絶妙な配置になるZALMAN ZM-K500が大好きです。 だって、Kailh赤軸との違いが全く分からなかったんだもの。それならこれ使う必要無いかなーって思って。 ZALMAN ZM-K500はAmazonで買える!それだけでもすばらなことなのです。


私が打ちました。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>