1月 222013
 

SusTeen_KB-9600_01
海外でChicony Blue Sliderと呼ばれることの多いキーボードです。
eBayを見ていると分かりますが、 Chicony KB-5181が多く出回っている影響ですね。私もOADG106とChicony KB-5181の2枚を保有しています。

SusTeen_KB-9600_02SusTeen_KB-9600_03
Model Number: KB-9600
Serial Number: TBNK5801478
FCC ID: E8HKB-9600
Made in Thailand
型名がChicony(ちこに-)らしさを物語っています。
FCC IDによると製造元はやはりChiconyで、認証が1993年12月22日ですね。

SusTeen_KB-9600_04
ステップです。まあ普通。

SusTeen_KB-9600_05
排水構造?スピーカーは設置されていないので、筐体を流用した名残かも知れません。
もっともChcony製でスピーカー内蔵がどれかって言われても分かりませんが。

SusTeen_KB-9600_06SusTeen_KB-9600_07
SusTeen_KB-9600_08
キートップはこの時代のALPS軸にありがちな厚さで互換性があります。
印字はプリント印刷です。
AT接続でカールケーブルになっています。

SusTeen_KB-9600_09SusTeen_KB-9600_10
CHICONY COPYRIGHT Ⓒ 1991
KB-5191R(OEM)
FINISH DATE 7-30-1991
試しにKB-5191Rで検索をしたのですが、何故だかメンブレンが出てきました。 FCC IDが認証される2年前の刻印なので、単なる使い回しかも知れません。
Photo : KBDMania – 리딩엣지 – kb-5191r

SusTeen_KB-9600_11
筐体にはPower LEDの窓が付いていますが、基板にLEDは付いていませんでした。
やっぱり使い回しじゃないか!

SusTeen_KB-9600_12SusTeen_KB-9600_13
SusTeen_KB-9600_14
下側の筐体にも同じ刻印が付いていました。製造年月日が一致するのは珍しいです。

SusTeen_KB-9600_15SusTeen_KB-9600_16
CHICONY COPYRIGHT Ⓒ 19931001
P/N : 001-09600-KO2
1993年10月1日製造です。ここに来てようやくFCC IDの認証された日時に近い日付が見えました。
分解していたらChicony、Chiconyと書かれていて、「あれ?もしかしてこれChicony製なんじゃね?」と思い始めています。
だって某所を見ても製造元が分からないとか書かれていましたし。

SusTeen_KB-9600_17
分解する段階で分かりました。
あ、これはSMK製だな…と。軸ケースの構造がdatadesk MAC-101 SMK十字白軸と一致しており、内部構造もSMKでした。
上記でリンクした某所では接点部分が分解されておらず、画像だけ見ると偽ALPS簡易に酷似していたのですが、全くの別物でした。
今回は何故か上ケースに接点がくっついてきたので、元に戻すときに上ケースに板バネやバネを一緒にして組み立てたところ一回で元通りになりました。

ALPS簡易より軽くサクサクと打つことが出来ます。板バネが同じ形状の簡易偽軸はスタビライザが無かったりで打ちにくいのですが、本機はスタビイザが使われており、全てのキーが快適に押下されます。
非常に心地よいサクサクとした打鍵音を楽しむことが出来ます…が、何かが物足りない。なんて言ったら良いのか分かりませんが、打っていて物足りなさを感じてしまいます。

Chicony製のKB-9600は左上の窓が空白になっており、LED窓が違う物に差し替わっていました。
この時期でALPS刻印の無い簡易スイッチなので、もしかしたら偽軸かも知れません。手に入れる場合はスイッチに気をつけて下さい。
参考:KB-9600 – のねこがひらうキーボード

私が打ちました。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>