10月 292012
 

ZALMAN_ZM-K500_01
ZALMANから発売されたメカニカルキーボードです。Cherry MXのコピースイッチです。

ZALMAN_ZM-K500_02
Mechanical Keyboard ZM-K500
Featues
Mechanical Type
High Quality Switch (Linear type)
5 multimedia keys for easy access
Ultra durable laser carved key cap
Compact Layout
Ergonomic Design
20 million times’ key life
Specifications
Type : Mechanical
Lnterface : USB
Key Number : 92ea
Carving : Laser
Dimensions : 352x169x36mm
Cable Length : 1.5M
Weight 850g
Material : ABS
Actuation Force :50g
Key Life : 20 Million Times
簡単に言うとあれです、押下圧50gのリニア、同時押し20キー。
キー印字はレーザー印刷でABS樹脂です。


この手のメカニカルは大抵プラカバーが付属しているのですが、本機にはありません。
ケーブルをまとめるバリバリも付いていません。


ASCII配列92key…と、メディアキーです。
私はこのメディアキーの使い道がよく分からないのです。出来ればASCII配列91keyにしてWinキーとメディアキーを防ぐカバーを付けて欲しいです。


スタビライザにグリスが付いています。この適当な塗り方が中国らしいですね。


Model : ZM-K500
Made in China
S/N : 20360C70 0 0 8 5 8
KCC-REI-ZMT-ZM-K500
QC 12 8
858台…意外と売れています。
2012年8月に生産されています。


ステップ。足が短いけど機体が分厚いから良いんじゃないですか。
私は使っていて問題ありませんよ。


何故このふさぎ穴を使ってASCII配列84keyを再現させなかったし!!!
Winキー嫌いの私を怒らせてしまいました。


分解していて初めてLEDに気がつきました。それくらい空気ですこの人。
実はこれ、Cherry純正と違ってLEDの位置が違っているのです。
MXスイッチは刻印の下に接点があるのですが、こちらはLEDの下に接点があり、互換性があるようでありません。
しかも上側にLEDがあるので気づきにくい。いや本当に気がつきませんでした。



分解です。外すときは下を曲げながら外します。いや本当に機体を曲げながらじゃなと取れませんでした。


EPC-OM012007
V1.0 US
2012.07.06
ジャンパの飛ばし方が適当です。ちなみに矢印キー周りの埋め込み部分は初めから取り付けられないようになっています。


上側のカバーが簡略化されています。


Cherry MX赤軸との比較です。高さの関係で色が違って見えますが、同じ色でした。

MX赤軸より重く、MX黒軸より軽いリニアです。
しかし樹脂の関係上、押下する際に擦れ感が生じてしまいます。
そのため、リニアとしてはALPS緑軸や富士通のほうが優秀です。
個人的にMX赤軸は軽すぎるし、MX黒軸は重たいと感じていたのでちょうど良い感じになったと思います。
私はCherry系リニアより好きですよこれ。


お茶ポットにヘッドフォンを乗せていたのですが、雫が耳当て部分に付いて濡れてしまいました。
あ、私が打ちました。

  One Response to “ZALMAN ZM-K500 Kailh赤軸”

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>