1月 262013
 

Acer_6316-H_01
パソコンを再起動するのがおっくうなのでJIS配列を連続でレビューしています。
今回はAcer(えいさー)のメンブレンキーボードです。

Acer_6316-H_02
Acer白軸。ALPSと互換性のあるキートップで、シルク印刷になっています。スクリーン加工されていてRT6652TWJPのような滑らかな触り心地です。

Acer_6316-H_03
一見リストレストになりそうで全く意味の無いパームレストらしき何かです。
なだらかで綺麗なステップスカルプチャーになっています。私が打ちやすいと思うんですから問題ないのでしょう。

Acer_6316-H_04Acer_6316-H_05
Model No. 6316-H
Extension No. 8J/BL/JA
Serial No. K6362130532
Mfg. Date 02/13/96
FCC ID: –
Made in Malaysia
左上のゴムが欠損していますが、立てて使う限りは問題ないです。
分解する時はケーブルを出す右側の溝。そこにネジが入って居るので気をつけましょう。
ASCII配列でも同一のモデルがあるのですが、そちらではFCC IDが書かれているのでしょうか?eBayで見かけたのですがログが残って居なかったのでよく分かりません。

Acer_6316-H_06Acer_6316-H_07
95 11 1 5
95年11月15日製造です。

Acer_6316-H_08Acer_6316-H_09
Acer_6316-H_11Acer_6316-H_12
96 1 1 3
>HI-PS< 94HB
39.65702.XXX
MODL#2
SY,SB
1996年1月13日製です。

Acer_6316-H_13Acer_6316-H_14
Acer_6316-H_15
メンブレンシートが重なっていて文字が読めませんでした。剥がそうにも圧着されていて剥がせませんでした。

Acer_6316-H_16Acer_6316-H_17
Acer_6316-H_18Acer_6316-H_19
透明の樹脂がスライダーに固定されており、分解しても外れることはありません。
非常によく出来ており、このまま押下してもクリックされます。

Acer_6316-H_20
著作情報が付いている画像はSANDY55から引用しています。
temporary – sandy55
すみません、押し曲げて外すんだろうと思い頑張ったのですが分解出来ませんでした。
スライダーに棒状の突起が付いており、押下したときに板バネを反発させクリック音を出します。
うーん…なんか説明がおかしい気もしますが、上手く言葉として表せられません。
黒軸も持っているので比較したかったのですが、白軸が分解出来なかったために諦めることにしました。試合終了です。

キーの右上から押すと引っかかり感があり、打鍵を阻害されてしまいます。たまに押し損ねます。
エンターキーが非常に引っかかり、何故かEnterと←の間にある空白を押さないと綺麗に押下されません。
年数劣化による擦れ感が原因なので、スムースエイドKTを二度塗りすれば解決するのでしょうが、いかんせん常用する気がないのでメンテナンスしていません。
ALPS白軸より重たいです。簡易軸は手元に無かったので比較していません。誰か下さい。
あれです、Acer製のキーボードを使うのならAcer 106のALPS白軸を使った方が良いです。
なんとも微妙なキーボードでした。エンターキーが押しにくいこと以外で不満は無いので、メンテナンスすれば満足に使えるのでしょう。4日くらい使い続けていたのですが、中華バックリングのように気分が悪くなることは無かったので問題ないのでしょう。うん、悪くは無いです。

私が打ちました。

  One Response to “Acer 6316-H Acer白軸”

  1. […] 少し大柄なAcer白軸はAcer 6316-H Acer白軸でレビューしていますね。ちょうど1年前のレビューです。 […]

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>