9月 242014
 

SCE_SCPH-10240_01
SONY PlayStation2の純正キーボードです。本来はSCEですが親会社のSONYが販売しています。
本来は3,500円ほどですが、本機はジャンク屋で500円だったので拾ってきました。
このキーボードはヤフオク!でちょくちょく見かけたのですが、送料を払ってまで買う気が起きない物のレビューはしてみたいなあと思っていたキーボードの内の1枚です。

SCE_SCPH-10240_02
一部の人が見てしまうと発狂しそうなロゴです。私は「ゲーム機としてのPS2」は好きですが企業としてのSCEは大嫌いです。
任天堂のように良いゲームを作って勝とうとする企業と違い、親会社の力でテレビや雑誌と言ったメディアから固めていって、スクウェアやエニックスをお金で連れ去り勝とうとしたSCEとじゃ考え方が違うのです。
撤退しなければ敗北ではないと言うMSは好きでも嫌いでもないです。ただWindowsキーは大嫌いですが。

SCE_SCPH-10240_03 SCE_SCPH-10240_04
スペースバーのみスタビライザが入っており、他のキーにはスタビライザが使われていません。
エンターキーは本体側にスタビライザを付けられる痕がありました。

SCE_SCPH-10240_05
ステップです。見た目では分かりにくいですが、円を描くような斜体になっているので慣れないと打ちにくいです。普通のキーボードは段になるようなステップです。
ファンクションキーの段が離れていないのも打ちにくさを増やしています。

SCE_SCPH-10240_06SONY USB KEYBOARD
SCPH-10240
MADE IN THAILAND
SCE_SCPH-10240_08 SCE_SCPH-10240_07
立体的にゴム足が付いていました。
SCE_SCPH-10240_09逆さに立てることでロゴが見えるようになっています。PS/2PS2を立て掛けて使うためのスタンドが別売りされているので、それと合わせて使うのでしょうか。
ゲーム用途として使用する場合は片付けることも視野に入れる必要があるので、立て掛けることでスペースを減らそうと言う考えは正しいと思います。

SCE_SCPH-10240_10 SCE_SCPH-10240_11
2004 10 0 8
126960 REV≠#1 >ABS<
2004年10月8日に製造されています。

SCE_SCPH-10240_12 SCE_SCPH-10240_13
基板です。メンブレンシートを取り外した記憶が無いので外せるようになっているのかは覚えてません。2回分解しましたが壊れていなかったので耐久性は確かな物です。

SCE_SCPH-10240_15 SCE_SCPH-10240_16
SCE_SCPH-10240_20
薄めの鉄板が使われています。
スタビライザの構造が謎で、スペースバーを差し込んでからキートップに付けましたが押したまま戻ってきませんでした。何度付け直しても同じです。
もしかしたら付けない方が良いのでは?と思いましたが、最初の時にスペースバーを付けたときは端が引っかかってしまい打ちにくくなったので違います。
そう思っいながらもスタビライザが付いていない状態で仮組立を行い、数回押していました。そうしたら自然とスタビライザが付き正常に押すことが出来ました。
見た目ではプラ製のスタビライザが正常に差し込まれているように見えるので、どうして押した状態で戻ってこなかったのかが未だに理解出来ません。
詳細を知っている社員の方がいらしたら教えて下さい。

SCE_SCPH-10240_17 SCE_SCPH-10240_18
SCE_SCPH-10240_19NMT-2 JPN 検索をしてみたところTOSHIBA UE2012P01 CMN-6D07Kが出てきました。 ミネベアが設計したキーボードの様ですね。

ミネベアが設計したキーボードの様ですね。
そう…このキーボードの発売日は2003年11月13日。奇しくも同年7月にRT6652TWJPの供給が停止しており、既に撤退した後だったのです。
ところでNMBの生産ラインをSilitek(現Silitech社)に売却したのっていつ頃なんでしょうか。
検索をしてもメーカーページが無いんですよね。

SCE_SCPH-10240_21
下の段です。PlayStation2用のキーボードなのでWindowsキーを入れる必要がありません。
普通なら5576-A01のように透き間を空けるのですが、英字配列から流用することでコストカットを計ったのでしょう。
CtrlとAltが並んでいるのはAEIIが有名です。最近だと日本語配列のUnicompがこの並びになっています。

SCE_SCPH-10240_22
製造は子会社のSCEだけど販売元はSONYだからファイル名をどうしようか悩んでいたらドライバがSCEキーボードになっているのを発見しました。ゲームフリークみたいな感じで一般人にあまり知られていない大手メーカーの一つです。

総評…スペースバー以外のキートップにスタビライザが使われていないので端を押すと引っかかります。しかしこの記事を書いている時に癇癪を起こさなかったので普通に使っている限りでは気にならないと言うことでしょう。
メリハリのあるタクタイル感が心地良いです。

よし!SONYにキーボードだな!これは叩いてやる!!

意気込んで買って見た物の意外と打ちやすくて困惑しています。おのれミネベアめ…。
でもミネベアカテゴリにSONY製品なんて入れたくないからその他(メンブレン)に投げてやる。


私が打ちました。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>