2月 232014
 

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_01
ZENITH(ゼニス)製のキーボードです。ZKB-2は色々と種類があり、これで全部揃ったかと思われます。
eBayでたまに見かけるのですが、殆どがALPS黄軸。たまーにALPS緑軸が出てくる程度で、このMITSUMIは今回が初めての遭遇だったのです。
試しに検索をしてみてもsandy55さんのページが出てくるのみで、他に出てこないという希少価値を兼ね備えています。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_02ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_03
ZENITHの部分が金色、残りが銀色になっています。
このプレートは足が折れやすいので外すだけで鳥肌物です。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_05たくあん!?まさかのアメリカたくあんブームです。
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_06錆び錆びの鉄板です。キートップの掃除は出来るのですが、基板のさび取りは私には出来ないのです。
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_07スペースバーはネオグリーン色。前に書いた東芝のテンキーと同じ色です。緑と言うよりネオグリーンだよね。
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_08エンターキーは謎のALPS緑軸です。マウントが違うのに何故かここだけALPSなのです。
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_09軸に埋め込むことは敵いませんでしたが、綺麗に基板と固定されています。
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_04全てのキートップを外し終えました。この時点で平日深夜4時半。非常にスタビライザの多い構造です。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_10
ステップです。手前のキーが高く見えますが、ただ単に筐体に隠れているかどうかの違いだけです。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_12ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_13
163-56 101-8171
MODEL ZKB-2R
FCC ID: ATO9M7ZKB2
MADE IN TAIWAN R.O.C.
9623725
101-7353-05
FCC IDはZenith Electronics Corporationが登録しており、1987年5月6日に認証されています。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_37
分解するときに足を外したらギアリンク・メンブレンが!!

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_14ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_15
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_16ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_17
162-1917-02
204-2009-C

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_18ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_19
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_20ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_21
88 12 13
1988年12月13日製造です。あくまで筐体のタイムスタンプなので基板側と一致するとは限りませんが、ALPS緑軸のZKB-2より新しいです。もしかしたら部品供給が滞っていてMITSUMIを使ったのかも知れません。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_22ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_23
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_24ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_25
基板側にある円柱の突起はスピーカーです。使うときは五月蝿いから外しています。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_26
6本足のうち真ん中2本は飾りです。過去に某氏が詳しく解説をしていますが、私の知識では理解できなかったのです。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_27ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_28
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_29
MITSUMI十字 黄軸と井型 緑軸とは違う接点になっています。軟らかな接点になっているのか、ゆっくりと押していても接点が当たった感じが分かりにくくなっています。
ALPS緑軸は白色の接点です。他の緑軸が灰色の接点ばかりなので、どこから集めてきたのかが気になります。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_30ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_31
ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_32
もう1枚のMITSUMIです。スペースバーが他と同じ軸になっています。

ZENITH_ZKB-2R_MITSUMI_35
衝撃の事実。妙に指が疲れると思ったら押荷重65g、スペースバーに至っては105gで入力されました。Cherry MXのスペースバーですら80gなので、大リーグ育成キーボードですね。

総評…押荷重は65g、スペースバーが105gと重ために設定されているので常用しがたいです。東芝のテンキーについていたMITSUMIリニアは良い感じだっただけに残念でなりません。
東芝のテンキーを6個用意すれば交換は可能ですが現実的では無いですね。
感じとしはALPSリニアを重たくした感じです。言われずに触っていたら重たいALPSだと勘違いしてしまうほどです。


私が打ちました。

  6 Responses to “ZENITH ZKB-2R MITSUMI ALPSマウント 白軸 リニア”

  1. Ooo, Mitsumi LED switch, I’ve never seen one of those before 😀

    • パンミア

      MITSUMI LED is rare.
      Otherwise, LED is embedded at Mitsumi hybrid switch.

      MITSUMI LEDは希少ですね。他にはMitsumi hybrid switchにLEDが埋め込まれています。

  2. 白軸にもリニアがあるんですね・・・
    知りませんでした・・・

    • パンミア

      白軸のリニアは他にもありますよ。NEC、ヒロセCherry、富士通 板バネ、HI-TEK…マイナーな物も含めるともっと出てきます。

      アメリカのキーボードはどれも大柄な筐体なので重たくなります。日本だとAXキーボードや日商ハイプロが重たいです。ただIBM Model Mと違って入手性が死んでいるので手に入れるのは容易ではありません。
      年に1度オークションサイトに出てくれば良い方です。
      もし荷重の意味で重たいと言っているのなら、JIS配列の元祖とも言われる5576-A01が重たくなっています。

  3. それにしてもアメリカ製のキーボードはバックリングスプリングといい、重たいですね。

  4. Keyboard 1 (S/N 9623725):

    Mitsumi switches: are they tactile, or are they linear?

    Alps green: is the white contact block (“switchplate”) long or short?

    Keyboard 2 (S/N 9623888):

    Does the Enter key have an Alps switch?

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>