6月 012014
 

SiliO_KEYBOARD_HOLDER_FK-180_01
検索をしても全く出てこないキーボードホルダーです。ホルダーとは英語で支えると言う意味があり、パッケージの通りパソコンの隣に立て掛けるのを支えてくれます。

SiliO_KEYBOARD_HOLDER_FK-180_02
パッケージに書かれたこのキーボード、みなさんはなんだと思いますか?
残念ながら私の手持ちにはこれと同じキーボードがありませんが、マニアの方なら分かるかも知れません。

SiliO_KEYBOARD_HOLDER_FK-180_03SiliO_KEYBOARD_HOLDER_FK-180_04
SiliO_KEYBOARD_HOLDER_FK-180_05SiliO_KEYBOARD_HOLDER_FK-180_06
Friioみたいなネーミングのロゴです。検索をしたところキーボードが収納できるモニタ台 (アクリル)が出てきたので、キーボードを収納することに余念が無い会社のようですね。

SiliO_KEYBOARD_HOLDER_FK-180_07
横長です。残念ながら私のパソコンは隣にいろいろと物が置いてあるので使うことができませんでした。

さて、パッケージに書かれたキーボードは分かったでしょうか? LEDを見ると分かりますが、切り込みが付いています。この切り込みはKeyTronic製のキーボードで見られる特徴なので、本機はKeyTronic製だと推測されます。
KeyTronicはLEDの切り込みが上下に付いており、左右には付いていませんでした。 じゃあIBM Model Mか!と言うと違います。カーブド構造になっていて、窪んだ感じになっているのですが、写真だとそうなっていません。 横から見た感じやLEDが左下にあることからNMB RT101が怪しいと思ったのですが、Big-ass enterばかりでANSI enterは見つかりませんでした。 パッケージにもなるくらいだからメジャーどころかと踏んでいたのですが、私が探しても分からないようなドマイナーなキーボードでした。 パソコン本体を切り取ってGoogleの画像検索で類似した画像を調べるも該当無し。 案外仕様も無い見落としをしているだけで、別の人が探したら簡単に分かるかも知れませんね。

  3 Responses to “SiliO KEYBOARD HOLDER FK-180”

  1. キーボードを立てる…というと、私はつい5576-C01の収納型スタンドが頭に浮かんでしまいます。
    収納用具って、使わない時はそれ自体場所を取っちゃいますからね…

    写真のキーボード、全然分りません。Big-ass/ANSI enterと言う言葉も初めて知りました。また勉強させてもらいました。

    • パンミア

      もう少しキーボードマニアが多ければ、コレクションを陳列するのにスタンドの需要がありそうですが、いかんせん終息品になったのか検索をしても見つかりませんでした。確かアルミでキーボードが接触する部分にゴムが貼られていたと記憶しています。タブレットを立て掛けるスタンドみたいな感じで、そこにキーボードを置きます。

      5576-C01のプロペラは正直よく分かりません。だって十字にしないと立たない上に、かえって邪魔になるじゃないですか。あれ以外で採用されていないので、IBMも失敗だったと思ったのでしょう。

      写真のキーボードは海外のフォーラムでも候補が挙がるのみで結論には至っていないようです。
      偶然か定かではありませんが、そこでもC01のことが例として上げられていました。唯一立てられることを謡っているキーボードですからね。
      http://deskthority.net/photos-f62/the-keyboard-of-the-mystery-written-to-the-package-t8138.html

      • まさかのモックアップとかw

        プロペラ….確かに。前の職場でデスクの端に予備C01を立てておいたら、隣のデスクのおっちゃんに書類フォルダで押し返されました。それに展開しなくても立てられるんですよね、実のところ。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>