2月 052013
 

Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_02
パンタグラフの中ではロジクール CZ-900がオススメだと聞いていたので欲しかったのですが、いかんせんJIS配列だったので後回しにしていたのです。
どうせならと思いLogitech製を個人輸入してきました。何故かセカイモンは発送してくれませんでした。
ちなみにCZ-900は既に絶版モデルとなっており、オークションでプレミアが付いています。後継機はキートップが劣化していると聞きました。

Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_01
本来はパッケージ化された箱に入っていたのですが、輸入する関係か知りませんが中の化粧箱だけ届きました。
箱が潰れているのは2年くらい閉まっていたせいです。

Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_03Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_04
Model name:Y-UY95
P/N: 820-001268
PID: Z952BD
何故かシールが逆向きに貼られていました。

Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_05
平坦でなだらかなステップです。そこそこの重量があり安定感があります。

Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_07Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_08
Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_09
キートップはインサート成形なので裏から光らせます。
眩しい場合は光度調整をしましょう。

Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_06Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_10
Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_11
スタビライザが入って居るかと思いましたが、スペースバー以外はパンタグラフで調整していました。
どの位置を押しても同じ力で入力が出来るので快適に使うことが出来ます。
スペースバーには2本のスタビライザが使われており片方は剛性を上げるため、もう片方は同じく剛性を上げ本体に固定するためです。非常に押しやすく出来ています。

Logitech_Illumination_Keyboard_Y-UY95_12
ネジは2種類使われており、ネジ受けが金属になっている箇所とそうでない箇所で分かれています。
このネジを全て外して試行錯誤していたのですが、残念ながら分解は出来ませんでした。シールの中にネジが隠れていたのでしょう。
本体が重たかったのでもしやとおもったのですが、内部に鉄板が入っていました。よく出来た作りです。

パンタグラフで唯一評価されているモデルだけありメリハリのあるゴム枕は非常に打ちやすく、不快なゴム感を減少してくれます。
鉄板が入って居る効果は分かりませんが、スムーズで心地よく底打ちができます。
この手のキーボードだとFnキーの位置が変態になりかねないのですが、右側に上手いこと収納されています。
何故この機能がオンかオフか知らせてくれるLEDが無いのかと問い詰めたい悪魔のInsertキーは省かれており、Deleteキーが2キーの高さになっています。頻繁にDeleteを使う私にはありがたい限りです。
バックライトは青色LEDでないので眩しすぎることもありませんし、光度調整も自由自在。私は一切使わないから意味の無いFnキー同時押しでのメディアキー。
パンタグラフを使って居る人なら必ずオススメしたい一品です。ただ日本じゃ買えないのと、ロジクール版が絶版になっていることが唯一の心残りですね。
気になっている人は是非探してみて下さい。「パンタグラフの中」ではオススメします。


私が打ちました。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>