3月 122018
 
 
書こう書こうと思って3年が経過してしまいました。その間にコツコツ書いた下書きのテキストファイルがとこかに行ってしまったので、使っていた頃を思い出しながらゼロから書き直しています。
 
オウルテックのKFK-109PS2ことミツミのMITSUMI KFK-EA9XAです。パッケージに POWERED BY MITSUMI の文字が書かれているくらいミツミ推しとなっています。購入時は確か2千円前後と安かった割に評判が良かったので買いました。まあ、そのうち満足出来なくなって徐々に価格の上がったキーボードに移行していくわけですが…。 見た目も同型でオーディオテクニカ製のアイボリー色のもありますが、そちらは見かけたことしかありません。
 
なお、先に言ってしまうと、キートップの形状と本体構造はSUNSOFT 11T-MCTKBDJPと同じです。メーカーが同じなのでそんなものですね。
外観。黒で見づらいのは撮影したのが3年前だからです。今ならもうちょっとなんとか出来ると思いたいです。 配列は一般的で特に変哲ありません。上部に弾丸形の謎の窪みがありますがこれは多分ペン置きとかそういうことなのでしょう。うっかり消しゴムとかを置いておくと溶けちゃいそうですが。
裏面です。出っ張りが沢山あって全部マジカルハンマーで叩きたくなりますが、これはケーブルガイドです。 長いケーブルをここに沿って収納できるので便利です。後継モデルからは廃止されていたような気がしますが昔の記憶なのでハッキリしません。
成形時点で銘板代わりに刻印されています。大抵の場合ここはラベルだと思うので(思い込み)少し驚きました。強い意志を感じます。
と思いきやラベルもあります。オウルテックの型番が印字されているわけでもないので謎です。ロットか何かの管理ですかね。 さて、裏面を開けると…
鉄板とご対面です。殺風景。
PS/2ケーブルがタイラップで止められているのは好感度アップ。このおかげでどれだけのケーブルが断線から救われたことでしょう。 と言ってもS字カーブに設計されているものを良く見るのでそれほど大袈裟ではないかとは思いますが。
鉄板をめくると、メンブレンシートとご対面です。あ、これ、見たやつだ。
チラッとめくるとまるでタコの吸盤のように。撮影中にナナメにした時点でポロポロ落ちてきたのを察せるような抜け落ち方をしています。シートにくっついてるのもちらほらありますが。しかしこれ、造る人は大変だろうなぁ…。
コントローラー基板です。特に珍しいこともないかと思いますが、3つのLEDのうち1番左の色が違うのは気まぐれで秋月で買った青色高輝度LEDの余りに差し替えたのでそうなってます。考え無しが災いしてものすごく眩しくなってしまったのでずっとテープを貼って減光して使っていました。
キートップを外したところ。ポロポロ落ちるゴム椀が見えます。キーが上手く押せないときはなんでかわかりませんがこのゴム椀がずれてしまっていたことがありました。上から棒を突っ込んで戻しましたが。使ってるうちに勝手にズレてくるのはさすがに勘弁してください。
こちらはキートップ。スライダー一体型です。
箱裏面。こちらもMITSUMIであることを明記したり、他にも色々と説明書きがあったりで買う前によく読んで納得して買うのが良いです。私の場合は買ってきてもらったので読んでいませんが。
仕様クローズアップ。(B)とあるのは、白モデルもあったためです。記載内容は時代を感じますが、その前に文字のピッチとか開始位置が揃っていないとかそういうところが気になってしまいます。罫線にしても行の幅が揃っていなかったり上下位置が揃っていなかったりと、端的に言えば非常に気持ち悪いです。大きく書かれたメンブレインスイッチという表記もあまり聞き慣れません。キーボードの本質とは関係ないですが、安物中華感が出て来てしまうので出来れば気にして欲しいところです。

全体的にキーが重くなくそれでいてタクタイル感はしっかりしていたので仕事場に持ち込んで結構な期間を使っていましたが、底付きのときのグニグニ感が気になってきたのと左ctrlを小指で左カドから押す関係で引っかかってしまうようになり使用を諦めました。グリスを塗ったりもしたのですがダメでした。

余談ですがこのあとはcherryの薄いのとかDRTCKB109UP1とかを買って仕事場に持ち込みましたが既にどれも手放してしまいました。当時の価格であれば安くキーボードを買い替えたい人の候補になるでしょうけど、いまだと4~5千円はしてしまいますしその価格帯にはライバルも多いので今となっては積極的に選ぶ理由もなさそうです。
11月 022014
 

ぷらっとホームの MINI KEYBOARD II 日本語版で、型番は HMB630PJP です。
既に販売終了となっており、後継機種の MINI KEYBOARD III および 同 Pro が現行品としてラインナップされています。
本来は違うキーボードをレビュー予定でしたが、状態が良くなくメンテしたいのと片づけをしていたら出てきたのでこちらを先にします。
沖電気が続いたのは本当に偶然です。

 

oki_gk4300aa_001

まずは全体を見てみます。ヤフオクで中古品を落札したので全体的に黄ばんでいますが、ぷらっとオンラインの画像によればもとはもっと白いようです。
PS/2のため、キーボード用とポインタスティック用でPS/2ケーブルが途中から二股に分かれています。
PS/2ポートの色分けには対応していないため、コネクタ付近にラベルで “KEYBOARD” と “MOUSE” と貼られているので識別には困りません。
分岐部分もちゃんと固めており、ケーブルの耐久力に心配はなさそうです。

 

oki_gk4300aa_002

本体部分のアップを見てみます。英数より右は多少キーが小さくなっているものの、それでも妙な配列ではないので打ちやすいです。
無理に詰めたものは”\”キーが最下段にあったりとかDELキーが最下段にあったりとかを見かけたことはありますが、さすが国内メーカーです。
“G””H””B”に囲まれた部分にポインタスティックがあります。ベン図みたいですね。いや、そうでもないですね。

 

oki_gk4300aa_008

ひっくり返してみると、ぷらっとホームの型番 HMB630PJP とともに沖電気の社名と型番 GK4300AA を併記してあります。
出どころがわかると安心できますね。

ラベルには一緒にディップスイッチ設定が書かれており、Caps Lock と左側 Ctrl を入れ替えられるようになっています。
が、先ほどの本体写真で気づかれた方も多いと思いますが、一番左下には Ctrl ではなく Fn が配置されています。

「このキーボードを使う人はどうせ Caps Lock と入れ替えるから、左下は Fn でいいんじゃね?」みたいな軽い気持ちで配置したのかはわかりませんが、入れ替えられるにしても左下は Ctrl にしていただきたかったです。是非。
なお、後継機の MINI KEYBOARD III/Pro では左下が Ctrl になり隣が Fn と、逆になっています。

 

oki_gk4300aa_003

キートップを外すと、ゴム椀が見えます。
写真を見ていて気づきましたが、ゴム椀の設置には縦向き横向きがあるようです。

 

oki_gk4300aa_005

さらにキートップを外して裏返します。
スライダー一体型で、上下か左右の2カ所にツメがあります。

 

oki_gk4300aa_006

キーボード自体も大きくないため、キーの高さは高くありません。
ポインタスティック用の切り欠きを見てみたくてあえてGとHを外しました。

この高さでも普通に打って底突きはしているようなのですが、どうもシャッキリしない打鍵感なのであまり好きではありません。
強く押し込んでもグニグニ感はないのですけどね。
ゴム椀が落ちるまでに少し遊びがあるのが原因かもしれません。

 

oki_gk4300aa_004

 

切り欠きはザラついています。通常のキートップとして作った後、機械か何かで削ったのでしょう。
専用に成形された感じは受けません。

 

oki_gk4300aa_007

Enter キーにはスタビライザーが2本入っていました。

 

oki_gk4300aa_009

スタンドは閉じるか開くかの2択でクリックがあるため、中途半端に立てると置いた時にズレてガタンとなります。
自由度は低いです。

 

oki_gk4300aa_010

背面というか上方側面というか、とにかくケーブルの出る面にマウスをつなげるためのPS/2ポートが1つあります。
これもしかしてマウスを繋げたらポインタスティックと同時使用できるのでしょうか。

 

謎は謎のまま開けてみます。
裏面のケーブルルーティング上にあるネジを2カ所外せば簡単に開きます。
が、そのままではケーブルと基盤がくっついているのでゆっくりコネクタを外します。

oki_gk4300aa_011

うまく外れたときの底面がこちら。基盤一式は上面パーツにくっついています。
コネクタが短いため、組み立てなおすときに苦労しました。

 

 

oki_gk4300aa_012

上面を裏から見た図です。(ややこしい)
穴がたくさん開いた鉄板がキーの裏側にあたります。

上の茶色い基板がメインのコントロール部、下の細長い緑の基板はポインタスティックの左右クリックです。
基板が見えるとうれしくなりますね。
OKIのロゴ入りのラベルには “980327” とあります。恐らく製造年月日でしょう。製造年月日と信じたい。

 

oki_gk4300aa_013

緑の細長い基板の表側で、左右クリックを担当しています。
OKIロゴと GKH-8B や PU4005-6646 2 という型番らしき印刷も見えます。
左クリックが SW3、右クリックが SW2 ですが、SW1はどこにあるのでしょうか。

 

oki_gk4300aa_014

今度はメイン基板の裏側です。ネジ留めされているので外してからフレキケーブルに従って裏返します。
緑LEDが3つ並んでいますが、NUM LOCK とか CAPS LOCK とかのアレです。このキーボードではLEDインジケーターがセンタリングされています。

 

oki_gk4300aa_015

メイン基板の裏側を裏返した表側です。
GKH-8B、H6PJ-[ ]、PU4005-4765 2、H6P1、PU4005-6644 2 と色々印刷されているのでよくわからないまま書き出しました。

中央のCNSENCと書かれたコネクタにはポインタスティックのカーソル部分が繋がっていましたが邪魔だったので外しました。
その右上に SW1 がありました。Ctrl / CapsLock の入れ替えスイッチですねこれは。

 

oki_gk4300aa_016

さて、ようやくキーまで来ました。
樹脂層上下の突起と鉄板層上部でっぱりの穴でカッチリ止まるため、安定します。
組み立てで元に戻す時もこれがガイドとなり楽です。

 

oki_gk4300aa_017

横から見るとこんな感じで、
 —- キー —-
 —- 樹脂 —-
 —- メンブレンシート —-
 —- 鉄板 —-
の層になっているようです。
ようです、というのは、固くくっついていてこれ以上バラすことが出来ませんでした。
接着剤でも使っているのか、どこか固くかみ合っているのか。とにかく層をずらすことも難しかったので諦めます。
しかし薄い。

 

oki_gk4300aa_018

上で話の出た、突起ガイドです。ガワのほうにも穴があるのでそこに合うように設置できます。

 

oki_gk4300aa_019

忘れていました背面のPS/2ポート。
これも別基板で鉄板にネジ留めしてあり、当時のPS/2ポートの重要さに思いを馳せることが出来ます。
思いをはせることは自由です。

元々はサブマシン用に買って使っていましたが、左下が Ctrl ではなく Fn だったことも災いし、キーボード切換器を導入してメインキーボード1台で済むようになったため使わなくなっていました。
キーが固く手が痛くなったのも使わなくなった理由にあったなぁと思い出しながら触っていたのですが、久々に使ってみるとそれほどでもありませんでした。
しかし、しばらく打っていてわかりました。左Ctrl や 左Shift を左手小指で内側に巻き込むように押すことがあるのですが、どうもそれが斜め方向のチカラになるのでスライダーがうまく降りずに引っかかり、結果、固いという印象になっていたようです。
グリスアップすればスムーズになるのかもしれませんが、如何せんPS/2ポートのキーボードも古いPCをセットアップするときくらいにしか使わなくなってしまったのでそこまでメンテナンスするのも時間的費用対効果で厳しいです。

ぷらっとホーム自体が業務用メインのところですし、省スペース・マウス付き・PS/2接続ということで保守部品やたまにコンソール接続するサーバー用途として使うのが良いのでしょう。
ただPS/2はホットスワップ出来ないので、PC側が空いていればそこに刺しておくことでいざというときの備えにはなりそうです。
マウスもホイールなしでは厳しいですし、PS/2コネクタ付のコンパクトUSBキーボードもいまや多いですし、時代が変わって積極的に使う理由が失われたようになってしまいました。

 

9月 212014
 

DESKO_ML_4008_UPB_01
DESKOと言えば銀行や航空会社の専用端末で有名な会社です。これとは違うモデルですが、ジャンク屋に置かれていたことがあったので日本でも商業展開されていたことが分かります。
Cherryでは珍しいトラックポイント付きのキーボードですね。

Continue reading »
8月 022014
 

SANWA_SUPPLYY_SKB-J109_01
サンワサプライと言えば日本で最後のALPS簡易を売っていたメーカーとして有名ですね。
今はCherry MXスイッチになってしまい、買う価値が無くなってしまった悲しいメーカーです。
ちゃたりたいねではサンワのキーボードをレビューする予定なんか微塵も無かったのですが、このキーボードの出品者曰くALPS製との情報があったのでレビューに至りました。
前回JIS配列のキーボードを使っていた繋がりで使用しています。

Continue reading »
7月 302014
 

fujitsu_SK-5400_01
Quarter Lのキーボードよりも打ち心地が良いと一部から評判の高いキーボードです。
RS氏からレビューのリクエストが来たときは「めんどくせえ…なんでこんな安物キーボードを使わないといけないんだ。」と思い後回しにしていたのですが、ハードウェア板の各スレで宣伝されており興味が湧いてきました。

Continue reading »
7月 222014
 

SJ-5500_TEC-106JA-01_01
東芝テックの事務コンに付属しているキーボードです。
ファイル名がSJ-5500になっていますが、実は現行モデルの事務コンSJ-8000にも同じキーボードが付属していたので忘れて下さい。
ヤフオクで同じキーボードが付属している物を見かけたので、てっきりSJ-5500にバンドルされていると勘違いしたのです。他のモデルにもバンドルされていたのなら、実際にはどの事務コンに付いてきたのかは分かりません。これはキーボード単体を拾ってきたのです。

Continue reading »
4月 282014
 

Cherry_G80-3234HQU_01
いつだったか、数年前にヤフオクで中国のセラーさんが色々と出品していた頃に拾いました。
落札金額が安かったのが不満だったらしく、落札後に「これはキートップだけの出品。本体が欲しいなら○○円払え。」と言ってきたのが印象的でした。
黄色い包み紙の梱包で届き、容赦なく貼られたビニールテープのせいで開封するのに苦労しました。
今は出品しておらず、ヤフオクで見かけません。別のオークションサイトに移ったのでしょうか。

Continue reading »
4月 122014
 

Cherry_G80-3700LQAUS_01
Cherry純正のテンキーです。Cherryのウェブページによるとプログラマブル キーパッドと書かれていました。
私は持っていませんが、G80-5000のテンキーは本機とは別に存在します。
テンキーも色々持っているので、Cherry純正も1枚くらいは持っておきたいなあと思ったのです。

Continue reading »
4月 022014
 

RICOH_5576-A01_01
5576-A01は数日前に書いたじゃねーかハゲ!と思った人、その通りです。 同じキーボードですがこちらはRICOHロゴです。ロゴ違いも集めたがるのがコレクターの性というもの。

Continue reading »
4月 012014
 

IBM_Model_M_1390131_01
101枚目と言うことで101配列の元祖とも言える角ロゴを紹介します。
英語のWikipediaではKeyTronicが起源とありましたが、某所で聞いてみたところどうやらKeyTronicが起源は間違っていたようです。
やはりIBMの1390131、及びPC/XTの1390120が起源と言えるでしょう。

Continue reading »