3月 122018
 
 
書こう書こうと思って3年が経過してしまいました。その間にコツコツ書いた下書きのテキストファイルがとこかに行ってしまったので、使っていた頃を思い出しながらゼロから書き直しています。
 
オウルテックのKFK-109PS2ことミツミのMITSUMI KFK-EA9XAです。パッケージに POWERED BY MITSUMI の文字が書かれているくらいミツミ推しとなっています。購入時は確か2千円前後と安かった割に評判が良かったので買いました。まあ、そのうち満足出来なくなって徐々に価格の上がったキーボードに移行していくわけですが…。 見た目も同型でオーディオテクニカ製のアイボリー色のもありますが、そちらは見かけたことしかありません。
 
なお、先に言ってしまうと、キートップの形状と本体構造はSUNSOFT 11T-MCTKBDJPと同じです。メーカーが同じなのでそんなものですね。
外観。黒で見づらいのは撮影したのが3年前だからです。今ならもうちょっとなんとか出来ると思いたいです。 配列は一般的で特に変哲ありません。上部に弾丸形の謎の窪みがありますがこれは多分ペン置きとかそういうことなのでしょう。うっかり消しゴムとかを置いておくと溶けちゃいそうですが。
裏面です。出っ張りが沢山あって全部マジカルハンマーで叩きたくなりますが、これはケーブルガイドです。 長いケーブルをここに沿って収納できるので便利です。後継モデルからは廃止されていたような気がしますが昔の記憶なのでハッキリしません。
成形時点で銘板代わりに刻印されています。大抵の場合ここはラベルだと思うので(思い込み)少し驚きました。強い意志を感じます。
と思いきやラベルもあります。オウルテックの型番が印字されているわけでもないので謎です。ロットか何かの管理ですかね。 さて、裏面を開けると…
鉄板とご対面です。殺風景。
PS/2ケーブルがタイラップで止められているのは好感度アップ。このおかげでどれだけのケーブルが断線から救われたことでしょう。 と言ってもS字カーブに設計されているものを良く見るのでそれほど大袈裟ではないかとは思いますが。
鉄板をめくると、メンブレンシートとご対面です。あ、これ、見たやつだ。
チラッとめくるとまるでタコの吸盤のように。撮影中にナナメにした時点でポロポロ落ちてきたのを察せるような抜け落ち方をしています。シートにくっついてるのもちらほらありますが。しかしこれ、造る人は大変だろうなぁ…。
コントローラー基板です。特に珍しいこともないかと思いますが、3つのLEDのうち1番左の色が違うのは気まぐれで秋月で買った青色高輝度LEDの余りに差し替えたのでそうなってます。考え無しが災いしてものすごく眩しくなってしまったのでずっとテープを貼って減光して使っていました。
キートップを外したところ。ポロポロ落ちるゴム椀が見えます。キーが上手く押せないときはなんでかわかりませんがこのゴム椀がずれてしまっていたことがありました。上から棒を突っ込んで戻しましたが。使ってるうちに勝手にズレてくるのはさすがに勘弁してください。
こちらはキートップ。スライダー一体型です。
箱裏面。こちらもMITSUMIであることを明記したり、他にも色々と説明書きがあったりで買う前によく読んで納得して買うのが良いです。私の場合は買ってきてもらったので読んでいませんが。
仕様クローズアップ。(B)とあるのは、白モデルもあったためです。記載内容は時代を感じますが、その前に文字のピッチとか開始位置が揃っていないとかそういうところが気になってしまいます。罫線にしても行の幅が揃っていなかったり上下位置が揃っていなかったりと、端的に言えば非常に気持ち悪いです。大きく書かれたメンブレインスイッチという表記もあまり聞き慣れません。キーボードの本質とは関係ないですが、安物中華感が出て来てしまうので出来れば気にして欲しいところです。

全体的にキーが重くなくそれでいてタクタイル感はしっかりしていたので仕事場に持ち込んで結構な期間を使っていましたが、底付きのときのグニグニ感が気になってきたのと左ctrlを小指で左カドから押す関係で引っかかってしまうようになり使用を諦めました。グリスを塗ったりもしたのですがダメでした。

余談ですがこのあとはcherryの薄いのとかDRTCKB109UP1とかを買って仕事場に持ち込みましたが既にどれも手放してしまいました。当時の価格であれば安くキーボードを買い替えたい人の候補になるでしょうけど、いまだと4~5千円はしてしまいますしその価格帯にはライバルも多いので今となっては積極的に選ぶ理由もなさそうです。
10月 122014
 

NEC_PC-9800SERIES_01
NEC PC-9800のキーボードです。一時気PS/2変換機が売られていたのですが、1万弱という値段だったのと配列が難有りと言うことから買わずにいたら終息品となってしまいました。
その後もヤフオクに流れることがなく、使う機会のなかったPC-9800でしたが、最近になってUSB変換がされたモデルが流れてきたので確保してきました。
今回はカマキリを用意していないので、分解画像が見たい方は今後別のNECキーボードをレビューするまで待つか、別の人のレビューを参考にして下さい。

Continue reading »
9月 242014
 

SCE_SCPH-10240_01
SONY PlayStation2の純正キーボードです。本来はSCEですが親会社のSONYが販売しています。
本来は3,500円ほどですが、本機はジャンク屋で500円だったので拾ってきました。
このキーボードはヤフオク!でちょくちょく見かけたのですが、送料を払ってまで買う気が起きない物のレビューはしてみたいなあと思っていたキーボードの内の1枚です。

Continue reading »
8月 092014
 

SUNSOFT_11T-MCTKBDJP_01
SUNSOFT(サンソフト)から発売されたPlayStation2用のキーボードです。
2002年3月14日に発売されたタイピング恋愛白書 BOYS BE…にバンドルされていたキーボードと同じで、 同年5月25日にはキーボード単体として発売されました。
タイピング恋愛白書単体が4,800円、キーボード付きが7,300円。そしてキーボード単体が1,980円で売られました。
7,300円-4,800円=2,500円…んんん??

Continue reading »
6月 292014
 

JDL_EKUJ7_01
株式会社日本デジタル研究所(にほんデジタルけんきゅうじょ、Japan Digital Laboratory Co., Lt)の略称で、財務業務の専用キーボードを出しています。
東プレはOEMとして業務用キーボードを多く出しているので、手に入る範囲で集められたら良いなあと。

Continue reading »
6月 122014
 

Razer_BlackWidow_Tournament_Edition_Stealth_2014_07
メーカー曰く静粛性重視のキースイッチを採用しているとのこと。
何故かRazerオレンジ軸は日本語配列が無いので、もし欲しいと思ったらフル配列を買って自分で軸交換をする必要があります。テンキーレスは仕舞うときに嵩張らなくて好きです。
BlackWidow Tournament Edition 2014 緑軸とドライバの互換性があるのか、本機を繋いだときにインストールの画面が出てきませんでした。

Continue reading »
6月 062014
 

Razer_BlackWidow_Tournament_Edition_2014_09
Razerから発売された自称ゲーミングキーボードです。
テンキーレスのモデルは欧米では既に発売されていたのですが、日本では遅れて5月30日に発売されました。本来は79.99ドルだったのですが、日本では代理店マジックで約11,700円になっています。
「じゃあAmazon.comで買えよ!」と思いますが、入荷待ちになっていて購入ができませんでした。仕方が無いので7,000円ほどお布教することにします。
ちなみに2013のテンキーレスは小売価格8,980円になっているので、こちらが本来の価格だったのでしょう。

Continue reading »
5月 082014
 

TOSHIBA_UE2012P01_CMN-6D07K_01
2003年7月まで日本のキーボード界を支配していたミネベア。ラバードームのメンブレンと言うこともあり、安さと品質を兼ね備えたスーパーモデルでした。
品質を度外視した安物キーボードへの以降により生産が終わってしまい、現在はオークションサイトやジャンク屋でしか入手できませんが、文字通り殆どのメーカーにOEMされており、富士通同様安価で入手しやすくなっています。
一応RT6652TWJPを持っているのですが、新品のストック品なのでレビューすることはありません。猫のキーボードルームが詳しく書かれています。

Continue reading »
4月 202014
 

CENTURY_CK-67CMB-4MJP1_01
百聞は一見にしかずと言うことわざがありますが、本機は各所で使い物にならないだろうと言われているキーボードです。
私も試作品を見たときはなんの冗談だろうと思いましたが、まさか実際に発売するとは思ってもみませんでした。
なんせCherryスイッチを4種類使用しており、45gと60gが混合したRealforceも真っ青な変荷重になっているのです。

Continue reading »
4月 062014
 

Leopold_FC660C_EB_01
アメリカ市場だとRealforceは250ドル前後で売られており、他のキーボードと比べて高価になっていました。それに対してType Heavenは中国で製造することによりコストカットを実現。150~180ドルで売られています。
本機はそんなType Heavenと同じくコストカットされた廉価モデルになっています。

Continue reading »